ナンパで人生の難破力を鍛えるナンパブログ『極、難破道。』

ナンパで女性問題を解決していく中で、困難を突破する力や人生を切り開く力を鍛える。

周りに依存せず、人のせいにしない。自分を信じて、正直に生きる。

150センチ18歳ギャル専門学生を渋谷ナンパから即。若いっていいね!

この記事は5分で読めます

どうも、ガーデンです。

 

今まで住んでいた家を失い、ナンパした女性の家に転がり込んで、早1ヶ月が経とうとしておる今日この頃でございます。

 

みなさんお元気でしょうか。

 

いやいや住みつきすぎやろ、という声はさて置いて。

 

住み心地を聞かれる機会がもし仮にあるとするならば、その時は高確率でこう答えることでしょう。

 

「意外に悪くないですね」

 

とw

 

まあ、住みやすくなるかそうじゃなくなるかって、転がりこむ女子にもよると思いますけど。

 

めんどくさい系の女子の家やったらたぶん半日で、その家を飛び出してます。

 

なんていうんすかね、この女子って俗に言う「ねえねえ、私達ってどういう関係なの?」的なワードを放り込んでくる女子ではないんでその辺はめんどくさくならへんっていう。

 

というかそういう感じにならんように仕向けてはいますが。

 

とまあいずれにしても、生活リズムも戻りつつ、ストレスフリーで住まわせてもらってます。

 

感謝ですね。

 

てかむしろ「別に家なくてもイケんじゃね?」ってことを最近はよく感じますね。

 

実際イケてしまってるんでこれは多分イケるやつなんでしょう。

 

そうなんです「家がない!じゃあ泊めてもらおう!」という単純明快な作戦なのです。

 

ということもあり、最近はナンパしてゲットしたら、すかさずその女性の家に泊まりにいくっていう作業を淡々とこなしにかかってます。

 

目標は「東京に家を30戸もつ」です。

 

30戸も家があったら住むとこに困らんですからね。

 

もちろん「自身のナンパ力向上」が目標の優先順位が1位なのは間違いないですけど、サブ的な目標として「家を30戸もつ」という至極どうでもいい項目が1つ浮上した次第です。

 

んで、それが達成された暁には「日本全国に47の家をもつ」という目標にグレードアップさせようと企んでおりますよ。

 

と、ここまで「ホームレスでいけるとこまでイキますわ!」的なことを話しておいて、しれっと来月あたりに一人暮らしを始めていたらすみません。

 

そうなった場合は、できるだけNOクレームでお願いします。

 

でも「日本全国に47の家をもつ」は、近い将来の目標として割とガチで考えてますんで宜しくですw

 

宜しく頼まれても、、って話ですが。

 

 

てな感じで(どんな感じや)今日の記事内容は「即」です。

 

場所は渋谷で、時間帯は夜。

 

渋谷駅方面に歩く、小柄で若そうなギャル系女性を見つけたので、そのまま声かけ。

 

声かけたらいきなりニヤっとしたので、そのまま表情を突っ込むと同じタイミングでこちらのトーンも少し上げつつ煽り笑いを入れて、楽しい雰囲気を構築⇒会話成立。

 

どうやら、男と飲む予定でそのあと家に泊まる予定やったけどそれが急に無くなった、というドタキャンに10分前に合ったらしくかなり凹んでいる模様。

 

凹み過ぎて死にたい、という発言が出たところで「じゃ死ぬ前に飲みいこや」と雑に打診。

 

それに対しては、

 

女「え、スカウト?ナンパ?」

俺「ナンパ。ってか元気なさそうやったから俺が特別に元気与えたろうと思って」

女「うざい笑」

俺「うざいって言うな笑」

 

的なやりとりで、無事「言い合える関係」も早々に構築。

 

で、居酒屋に連れ出し。

 

その前に、聞かれてもないですがザッとここまでのアプローチの流れをまとめると、

 

声かけ⇒笑い反応を引き出す⇒トーン上げて煽り笑いを入れる⇒楽しい雰囲気を構築⇒会話成立⇒言い合える関係を構築

 

ですね。

 

かなりザックリですが、俺がアプローチ時に意識してる大筋の流れは大体こんな感じです。

 

 

居酒屋入店後に判明した女子データとしては、18歳、専門学生、居酒屋バイト、身長150センチ、埼玉住民。

 

てな感じでしたね。

 

居酒屋でのトーク内容としては、先ほど遭遇されたドタキャンによる愚痴話を聞くとともに、その流れで「男女話」に移行。

 

深い話(今一番その女性が話したがっていること)を引き出す業務に注力したわけです。

 

女性が話したがっている話、深い話というのは9割型で男女話なので、男側がそう仕向けるわけですね。

 

ではどう仕向けるか、どう男女話にナチュラルに移行して話させるか、ですが、これは簡単です。

 

それは「彼氏がいる程で話してあげる」です。

 

要は、その女性には彼氏がいるということを前提に会話を進めてあげることですね。

 

例えば、大学生の女性をナンパしてカフェかどっかに連れ出して、そのカフェで学生生活とかサークルについて話したあとらへんに「

じゃあ、彼氏も同じサークル?」と質問してあげる具合です。

 

そうすると、むっちゃ自然にナチュラルに男女話に移行しやすいでっせ、ってことですね。

 

かつ、この「彼氏がいる前提で話してあげること」のメリットとしては、他にもあって、というかそれが結構デカくてですね。

 

それは、その女性に「余裕のある印象を与えられる」ということです。

 

要は、その発言というのは、女性に全く食いついてない発言なわけです。

 

魅力的な女性になればなるほど、周りの男性からは「かわいいね」「付き合ってほしい」的な”褒め””好意”ワードを死ぬほど言われて

いるのに、「彼氏がおる前提で話される」ということは、その真逆のニュアンスの発言になるわけです。

 

余裕のある人間からの要求は飲まれやすいですしね。

 

かわいいねとか付き合いたいとかの自分本位の低次元の話ではなく「目の前の女性の人生はどうしたら上手くいくだろうか」ということを意識して相手本位で対峙してあげることで、その男性はその女性にとってのカウンセラー的な「唯一無二のポジション」を取れるわけです。

 

そうするとどうなるか。

 

その女性はどういう感情になるか。

 

それは「もっとこの人とおりたい」「これっきりにしたくない」「この人は私にとって必要な人だ」「なんとしても食いつかせたい」と思うわけです。

 

その女性に彼氏がいようが結婚してようが関係ナッシングです。

 

要は、即る上で必要な条件が整うわけです(ちなみに、キープする上でも必要な条件ですね)(もっと言えば、家を増やす上でも必要ですが、これはどうでもいいですねwはい、すみませんw)。

 

あとはその女性から「質問」「良く見られたい」というような「即OKサイン」がバンバン出てきますので、それを確認して、盛り上がったところで早々に「いったん出るか」と告げて、その店を出てその足でホテルとか家なり個室に移動すればそれがホテルやろうが家やろうが着いていかざるを得ないのでゲットできる、という理屈なわけです。

 

 

で、話が長くなってきたのでここで今回の即の話に戻しますw

 

サインも確認して早々に居酒屋を退店して、そのままホテルに移動して即ったわけですが、ゲット後の感想としては、やはり以下に集約されるということは言うまでもありません。

 

「若いっていいね!」

 

これですw

 

18歳ですからね。

 

やばいです。

 

もうやばいことなってますw

 

ちなみにDカップだったわけですが、そんなことではなくて、乳、尻すべてにおいて弾力が違うってことなんですね。

 

ということを思うたびに「俺もオッサンになったんやな」と実感させられるわけですが。

 

 

ちなみに、この即の翌日は昼からアポだったわけですが、このホテルを昼に出てその足でアポに直行して準即してきたので、それはまた書きます。

 

ちなみに(ちなみにが多いですね)今度の10月18日(日)にナンパセミナーやるので、もしよかったらこの機会にご参加を。

 

ナンパセミナー詳細はこちら

※定員に達しましたので、このセミナーの募集は締め切りました。最新ナンパセミナー情報はこちら

 

 

てな感じで、今回の即の記事は以上となります。

 

ありがとうございました。

 

ちなみに、それでは!

 

 


 著者プロフィール

  ガーデン

岐阜県出身の30代。

好みの女性に100%振られる人生を20代後半まで過ごし「このまま死んでいく人生はさすがにアカンやろ!」と思っていた矢先、ナンパブログに出会う。衝撃を受け、一念発起しストリートナンパデビュー。女性から冷たい反応を受け続けるも、徐々に結果も出始めどっぷりナンパにハマる。極める覚悟で会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベル(好みの女性10〜20人に声をかけて1人クロージングできるレベル)へ成長。でもそんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、そうではなくもっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生とか世界のために活かしていこう」と決心。

そんな高い視点を持って、人生を謳歌するためにも周りや世界に良い影響を与えるためにも、まずは目の前のナンパをマスターすることが先決だという結論に至り、現在はナンパでのクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

「ナンパをマスターしたい」「コミュニケーション能力を高めたい」「男としての絶対的な自信を手に入れたい」そんな方へ向けて、セミナーやコンサルもしています。これまでの指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。



 無料ナンパメールコミュニティやってます


ナンパ力とは、困難を突破する力つまり難破(ナンパ)力である。という理念の基、

道端で美女に声をかけ10分でカフェに連れ出して、
1時間でホテルインするためのナンパ思考と戦略の全体像

無料ナンパメールコミュニティで、まずは7日間で理解してもらいます。

ヤレればそれでいいっていう世間一般のナンパイメージとは違い、

コミュ力を高める、絶対的な自信をもつ、主体性を身につける、困難を突破する力

をつける等の高い視点を持った上で、ナンパという手段で女性問題を解決していくことで、人生や世界に良い影響を与えていくことを目的としています。

自身がこれまで3年間で1万人の女性に声をかけ、200人以上の方々を指導してきて思うのが、ナンパ上達の鍵は「正しい方法を知っているか」「行動できるか」「継続できるか」の3つ。

このコミュニティで、まずは7日間に渡って、
ナンパにおける正しいマインドセットや声かけ方法、カフェ中やホテルまでの会話術はもちろん、女性からのマイナスなリアクション等どんな難局に遭遇しても楽しんで行動、継続、難破してもらえるような内容を配信していきます。

7日後のあなたはきっとナンパがしたくてたまらなくなっていることでしょうw

ちなみに7日後以降も、楽しんでもらえるようなナンパ情報やナンパイベント情報は定期的に配信していく予定なので今後とも宜しくです。

ではではご参加、お待ちしています。






※今参加いただくと、私ガーデンのナンパ音声(声をかけて笑わせるまで)を6本プレゼント中。
ストリートナンパの全体像については、7日間メール講座でゼロから丁寧に解説してます。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

ガーデン

岐阜県出身の30代。
好みの女性に100%振られる人生に終止符を打つべく一念発起しストリートナンパデビュー。その半年後、ナンパを極めるために会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベルへ成長。そんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、もっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生や世界のために活かしていこう」と決心。 そんな高い視点を持った上で、現在はクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

ナンパをマスターしたい、コミュ力を高めたい、男としての絶対的な自信を手に入れたい、そんな方々へ向けて、セミナーやコンサルもしています。指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。

アーカイブ

RETURN TOP