ナンパで人生の難破力を鍛えるナンパブログ『極、難破道。』

ナンパで女性問題を解決していく中で、困難を突破する力や人生を切り開く力を鍛える。

周りに依存せず、人のせいにしない。自分を信じて、正直に生きる。

一言で言うとクビレと締まり。26歳看護師を渋谷ストナンから準即。

この記事は5分で読めます

どうも、ガーデンです。

 

前回の記事でも書いた通り、この度、今まで住んでいた家を失うことになりましてですね。

 

現在は、ナンパした女性の家に転がり込んでいる状況の私です。

 

いわゆる、家賃光熱費ゼロ系男子ですね。

 

こういうクソみたいな生活も人生で一度は経験しといてもそれはそれで面白いんじゃね?ってことでやらせてもらってるところもあるんですけど、さすがにもうそろそろええかなっていうかやっぱ一人で暮らしたいわそんなもん!ってことは重々認識してき始めているところでもあります。

 

やっぱ何するにしても横に女子がおったら気が散るし、基本的には2人の会話はないんですけどさすがに何か話したらんとあかんやろって思ってまうタチなんでたまに話すんですけど、そういうのとかも一切考えん生活を送りたいものですよね。

 

とは言いつつも、実はこの生活にもメリットがあってですね。

 

ま、家賃光熱費がゼロっていうのはどうでもいいんですけどそんなことではなくてそれは「生活リズムが整えられる」ってことなんです。

 

これはでかいですよ。

 

今までは、どうあがいてもこの「生活リズム」を整えることができなくて、不規則極まりない生活をおくり、挙句「起きてすぐに渋谷の17時の鐘を聞いてテンションだだ下がり」っていう毎日やったわけです。

 

目覚めた瞬間に「今日もう終わりやんけ」っていう。

 

でも現在はというと、女子はもちろん朝早く出勤するので夜はだいたい1時くらいに寝るわけですよ。

 

俺ではなくて女子が、ですね。

 

さすがに最初のへんは「は?いやいや寝るの早すぎやろ」と思って傍観していたのが、そのサイクルを毎日のように、さも平然に当たり前かのようにやられると、不思議なもので徐々に徐々に「夜寝て朝起きる」っていう生活リズムに体が移行していくわけです。

 

この前なんて、調子にのって「女子より先に寝る」っていうファインプレーを見せたほどです。

 

ま、そこまではいかなくとも今では遅くとも3時には寝て10時には起きるっていう1つの型が定着しつつあるところをみると、この生活もナシではないなと痛感させられている次第でございます。

 

そういう意味でも、ナンパしてる人で生活リズムが崩れがちの人はぜひこの「女子の家に転がり込む」という荒技を試してみるのもいいのかもしれませんね。

 

決しておすすめはしませんが。

 

 

ということで、今日の記事は「準即」です。

 

お相手は、数日前に渋谷ストリートでナンパした26歳の看護師。

 

ラインゲットした経緯の冒頭部分としては、

 

俺「こんちはー」

女「無視」

俺「ちょ、さすがにこんにちはー」

女「さすがに笑」

俺「笑 さすがに笑 こんにちは1回だけじゃ足りん人かなーと思って」

女「いや笑」

俺「1回だけやとシカトするやろ結局」

女「笑」

 

みたいな感じでしたね。

 

とにかく最初の声かけ冒頭部分に目指すところとしては「笑わすこと」。

 

これに尽きます。

 

もっと言えば「なるべく早く笑わすこと」ですね。

 

最初はこれ以外考えなくていいくらいす。

 

それくらい重要すぎること。

 

とにかく、ニヤッでもクスッでも爆笑でもなんでもいいから「笑わすこと」です。

 

これってわずか数秒の世界の話ですけど、この「声かけてなるべく早く笑わせる達人になること」がイコール、ナンパを極めることに通じます、完全に。

 

極論ですけど、これは断言できますね。

 

声かけて無視がずっと続けば続くほど、その無視を崩すのが難しくなりますし、そういう意味でも早くその状況を打破しないといけない。

 

そのためには、その「無視自体を指摘」して”笑い”という感情的な反応を引き出すことをしないといけないんですけど。

 

でもほんとは無視されないのが一番の理想。

 

なので「声かけたらすんなり聞いてくれる状態を作る技術」を磨く方がいいに決まってますよね。

 

「無視される理由」って「最初の最初の入りの部分」を雑にやってたり変に力が入っている証拠やと思うんですよね。

 

要は、声かける瞬間に「よし、ナンパするぞ」「緊張する」「成功するかな」「失敗したらどうしよう」とかの邪念が入ってしまってたりするせいで、その感じを女性は瞬時に察知して「あ、無視しよ」となってしまい、女性の「聞く体制」すら引き出せてないんすね。

 

「はい?」とか「なんですか?」とか「こっちを見て聞こうとする」を引き出せてない限り、こちらが何を言っても聞く耳は持ちません。

 

何を言っても意味ナシゴレンです。

 

無視されないために「最初に何を言うか」ばかり考えている人も多いとは思うんですけど、まずはその前に「聞く体制を引き出すこと」をしてからじゃないと、相手に何を言っても伝わらないでっせってことですね。

 

いくら面白いことを言っても、です。

 

「聞く体制」という土台がないところでそれを言っても、ただただ滑るだけです。

 

というか滑らせてももらえない感じですね。

 

雑に適当に声かけまくってて、女性の中にはそれでも反応を取れることもあると思いますけど、でも目標とするところが「超絶美女」だったり「女性の質」を求めるのであれば、「お!やばいのが現れた!これはしとめたい!」と思った時に、失敗したくないですもんね。

そういう時でも、日々丁寧に楽しみながら細部にまで考えながらトレーニングの意識を持ってナンパできていれば、ナンパ力の精度は高まっていくので。

 

なので、特に今回声を大にして言いたいのが「声かける瞬間の入りの部分」の精度。

 

いかに聞く体制を引き出すか、ですね。

 

「むっちゃ緊急事態です!!!!」みたいなニュアンスで「ね!ね!」と言ってみるのか、

「ちょっと今から面白いこと言っていいすか?」と神妙な面持ちで真顔で言ってみるのか、

「無言で相手をじっと見つめるだけ」をしてみるのか、

 

さも10年ぶりに再開したかのニュアンスで「おー!久しぶり!中島やん!」と言ってみるのか、

 

挙げだしたらきりがないですけど、相手を思わず「ん?なんだろ?」と聞く体制にさすための方法はたくさんあるはずです。

 

色々試していく中で自分に一番合った方法が見つかると思いますし、むしろその色々試していく過程自体が楽しいですからね。

 

「お、これは反応あるやんけ」

「これは全く反応なしなのね」

 

とか、検証していく感じです。

 

この作業を楽しめるようになったら、ナンパでバンバン結果が出る日までは近いですぞよん!

 

 

ということで、最後に謎のキャラになったところで、話を戻します。

 

26歳の看護師からラインゲットしましたよ、と。

 

で、翌日に軽いラインメッセージを送り、その後もラインラリーを続けてアポ成立。

 

アポ場所は渋谷。

 

いつもの準即パターンに当て込み、待ち合わせ時間くらいに1本電話を入れて話してから、少し遅れて登場。

 

で、カフェ入店。

 

カフェでは、まず目の前の共有物(ドリンクとかメニュー)とか、周りの店員を使って楽しい雰囲気を構築しつつ、仕事の話、恋愛話へ。

 

相手からの即OKサイン(何歳なの?仕事なにしてるの?っていう質問、最近料理がんばってるよっていう良く見られたい発言など)も確認できたんで、約1時間くらいで、いつもの「じゃ一旦でるか」を発動。

 

で、そのままホテルにインして準即でした。

 

言わずもがな2回したんですけど、なんといってもアソコの「締まり」がパなかったです。

 

小指でもギュウギュウだったんで、こんな締め付けは初でしたね。

 

あとはクビレですね。

 

これもパなかったです。

 

自分でもアピールしてきたほどですからね。

 

そのアピールはいらんけど、となりましたが。

 

 

ちなみに今日からシルバーウィークという大連休に入っていると思うんですけど、まさにこの連休中の9月21日(月祝)に「ナンパセミナー」を開催いたします。

 

かなり近々ですがw

 

連休中での開催は稀ですし、興味のある方はこの機会にぜひご参加を。

 

9月21日(月祝)ナンパセミナーお申し込みはこちら

※追記:定員に達しましたので、このセミナーの募集は締め切りました。最新セミナーの詳細はこちら

 

 

てな感じですね。

 

また更新します。

 

ありがとうございました。

 

それでは!

 

 

 

 


 著者プロフィール

  ガーデン

岐阜県出身の30代。

好みの女性に100%振られる人生を20代後半まで過ごし「このまま死んでいく人生はさすがにアカンやろ!」と思っていた矢先、ナンパブログに出会う。衝撃を受け、一念発起しストリートナンパデビュー。女性から冷たい反応を受け続けるも、徐々に結果も出始めどっぷりナンパにハマる。極める覚悟で会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベル(好みの女性10〜20人に声をかけて1人クロージングできるレベル)へ成長。でもそんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、そうではなくもっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生とか世界のために活かしていこう」と決心。

そんな高い視点を持って、人生を謳歌するためにも周りや世界に良い影響を与えるためにも、まずは目の前のナンパをマスターすることが先決だという結論に至り、現在はナンパでのクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

「ナンパをマスターしたい」「コミュニケーション能力を高めたい」「男としての絶対的な自信を手に入れたい」そんな方へ向けて、セミナーやコンサルもしています。これまでの指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。



 無料ナンパメールコミュニティやってます


ナンパ力とは、困難を突破する力つまり難破(ナンパ)力である。という理念の基、

道端で美女に声をかけ10分でカフェに連れ出して、
1時間でホテルインするためのナンパ思考と戦略の全体像

無料ナンパメールコミュニティで、まずは7日間で理解してもらいます。

ヤレればそれでいいっていう世間一般のナンパイメージとは違い、

コミュ力を高める、絶対的な自信をもつ、主体性を身につける、困難を突破する力

をつける等の高い視点を持った上で、ナンパという手段で女性問題を解決していくことで、人生や世界に良い影響を与えていくことを目的としています。

自身がこれまで3年間で1万人の女性に声をかけ、200人以上の方々を指導してきて思うのが、ナンパ上達の鍵は「正しい方法を知っているか」「行動できるか」「継続できるか」の3つ。

このコミュニティで、まずは7日間に渡って、
ナンパにおける正しいマインドセットや声かけ方法、カフェ中やホテルまでの会話術はもちろん、女性からのマイナスなリアクション等どんな難局に遭遇しても楽しんで行動、継続、難破してもらえるような内容を配信していきます。

7日後のあなたはきっとナンパがしたくてたまらなくなっていることでしょうw

ちなみに7日後以降も、楽しんでもらえるようなナンパ情報やナンパイベント情報は定期的に配信していく予定なので今後とも宜しくです。

ではではご参加、お待ちしています。






※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

ガーデン

岐阜県出身の30代。
好みの女性に100%振られる人生に終止符を打つべく一念発起しストリートナンパデビュー。その半年後、ナンパを極めるために会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベルへ成長。そんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、もっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生や世界のために活かしていこう」と決心。 そんな高い視点を持った上で、現在はクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

ナンパをマスターしたい、コミュ力を高めたい、男としての絶対的な自信を手に入れたい、そんな方々へ向けて、セミナーやコンサルもしています。指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。

アーカイブ

RETURN TOP