ナンパで人生の難破力を鍛えるナンパブログ『極、難破道。』

ナンパで女性問題を解決していく中で、困難を突破する力や人生を切り開く力を鍛える。

周りに依存せず、人のせいにしない。自分を信じて、正直に生きる。

【対談音声あり】積極的に相手と距離を縮めていこや!そしたら楽になると思う!って話。

この記事は5分で読めます

どうも、ガーデンです。

 

昔から、人間関係で悩む時は大抵の場合、

 

「人と距離感を感じる時」

 

でお馴染みのガーデンです。

 

相手は俺に対して言いたいことがあるのにも関わらずそれを言えず、同じように俺も相手に対して言いたいことが言えず。

 

そんな関係「気持ち悪!」って思いません?

 

悪い意味で ”気をつかい合う状況” って意味ないし、そもそもそこから何も生まれないと思うんすよね。

 

小さい頃ってそんなこと絶対考えてなかったし。

 

余計なことなんか考えることなく楽しかったし。

 

でも大人になればなるほど、相手を傷つけないように迷惑をかけないように変に気をつかうのが当たり前みたいな。

 

本心は内に秘めながら、外面で相手と接するみたいな。

 

そんな状況って絶対「健全」じゃないと思うんすよ。

 

もちろん最低限の「配慮する気持ち」とか「礼儀礼節」は必要やと思いますよ。

 

でもそれさえ抑えていれば、中身さえしっかりしてれば、あとは「素」でええやんみたいな。

 

絶対そっちの方が楽やし、楽しいし、ノンストレスやから。

 

人生なんて短いんやから変なプライドとか人に良く見られたいみたいな感情が邪魔して、ストレス抱えながら生きとっても良いことないやん、みたいなね。

 

 

例えば俺の高校時代。

 

当時、野球部に所属してて夏の県大会に向けて気合を入れるために部員みんなで坊主にしよや!ってことになったんすよ。

 

でも俺はあんまり乗り気じゃなかった。。

 

なぜか。それは俺の頭が妙にデカいからw

 

デカいのがバレたくなかったからw

 

デカいっていうかなんやろ、例えるなら、

 

「フリーザ第二変形」

 

みたいな形なんすよ俺の頭って。

 

後頭部がやけに長いみたいなw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、この↑フリーザ第二変形までは長くないけどニュアンスとしてはこんな感じw

 

でも野球部みんなで夏の大会に向けて一致団結してがんばろや!みたいな空気感の中で俺だけ、

 

「いや、俺、後頭部長いからやめとくわ」

 

とは言えない。

 

まあ若干言いましたがw

 

なので腹を括って坊主にしたわけです。

 

そこで俺がとった行動とは。

 

それは、

 

・やけに「な、俺の頭デカいやろ??な!?」と言いまくったり、

 

・学校の廊下を歩く時にクラスから見えるであろう俺の後頭部のデカさを自分の手で半分隠しながら歩いたエピソード

 

とかを話すわけですw

 

要は、自分のコンプレックスを言われる前に自ら言ってしまえ!作戦ですね。

 

先述しましたが、俺は、

 

相手は俺に対して言いたいことがあるのにも関わらずそれを言えず、同じように俺も相手に対して言いたいことが言えず。

 

といった状況が気持ち悪いって感じるし、嫌やと感じる人間なので、俺の後頭部のデカさを感じつつもそれを言わずに接されるくらいなら、それを自分から言ってしまった方がいい。

 

と思ってそんな行動をとったわけです。

 

そしたらそいつは絶対笑ってくれるし、良い意味でこいつアホやなって思ってくれるやろから、それをキッカケに以前よりももっと俺に対して言いたいことをズバズバ言ってくれるやろし、俺も言いたいこと言えるし、みたいな。

 

そんな関係になっていくんじゃないかなと、今から振り返るとそう思いますね。

 

だからそいつらとは今でも仲良いし、何でも言い合える関係なんやろなあと思います。

 

そういうことは男に対してはできてたんですけど、自分の好きな女子に対して、ってなった時に途端にできなくなる、っていう性格を直したくてナンパを始めたんですが。

 

 

あと、これは最近の話なんすけど、俺が定期的にセミナーやっててそれに参加してくれた人を対象に「難破道コミュニティ」ってのを作ってて、そのメンバーでこの前、忘年会をやったんすね。

 

メンバー全員、

 

「お互い変に気つかわんと、結束強めていこや!」

 

ていう理念は共有してるんで、みんなめっちゃ言いたいこと言うし言われるしっていう関係で仲良くやってるんすけど、1つだけ、

 

「これは触れていいんやろか?」

 

ってことがあったんすよ。

 

それは、メンバーの中で1人、

 

「いつも帽子を被ってる人」

 

がいたんすね。

 

その人に対してたぶんみんな無意識的に、

 

「なんでいつも帽子なんやろ」

 

って思ってたはずなんすよ。

 

でもこの前の忘年会では、その懸念が一気に吹き飛ばされましたね。

 

どういう流れでそうなったかはあんまり覚えてないんすけど、なんか自然にその人は帽子を脱いでて、で、やっぱちょっとハゲてて、でもそれをその人はそれを自虐ネタにしてて、みんなも良い感じでその人をイジってて。

 

なんか伝わりますかね?w

 

とにかく確かなことは、そんな状況が、

 

「むっちゃ心地良かった」

 

ってこと。

 

別に、もちろんいじめるとか傷つけようと思ってやってるわけじゃなくて、そこにはみんなの愛があるというか。

 

愛とか言っちゃったよ、って今思いましたがなんかそんな感じなんです。

 

そんな関係が健全なんじゃないかなと思うわけです。

 

くどいですが、その、

 

「言い合える関係を作る力」

「相手との距離を縮める力」

 

は、ナンパで磨いていけますからね。

 

特にストリートナンパなんか声かけてから、短時間でそれをやっていく競技ですからね。

 

何のつながりもない見ず知らずの女子に声をかけて仲良くなっていく。

 

言い換えれば「距離を縮めていく」ことをする。

 

そのためには相手に言いたいことを言ってもらうために、率先してスキを作ってあげないといけないし、そこにはプライドとかいらんし、そんな状況が作れれば俺も言いたいこと言えるし、みたいな。

 

ナンパではその力が磨けるんすよね。

 

それができるようになったらほんと楽しいすよw

 

 

てことでツラツラ書いててもアレなんで、今日は、

 

【対談音声】

 

を配信したいと思います。

 

たぶん音声やったらそのニュアンスが一発で伝わるかなと。

 

お相手は、恋達とコーンパンっていう奴らです。

 

2人とも関西出身の男で、恋達が恋愛系の情報発信をしていますね。

 

恋達のブログはこちら

 

めちゃめちゃコミュ力高いし、単純に良い奴らですw

 

歳は俺の7つ下ってこともあり、最初なんかめちゃめちゃ気使ってきたし、俺も気使ってしゃべってたんで、何回も言いますけどその言いたいことも言えないような関係の距離感が気持ち悪いし、どうにかできんかなと思い立った先が、

 

「ちょ、タメ口でしゃべろや!」

 

でしたw

 

3人ともむっちゃフランクにしゃべってますw

 

予想通り、タメ口にした途端むちゃくちゃ距離縮まったし、むっちゃ仲良くなれたと思います。

 

ま、予想以上に言いたいこと言ってきおったわけですがw

 

でも絶対そっちの関係の方が心地良いし、健全やし、楽しいですからね。

 

ナンパでもそうじゃないすか。

 

イジったりイジられたり。

 

「なんとしても連れ出すんや!」とかそういう自分の我欲云々系のことばっか考えて相手と接するんじゃなくて、とにかく相手との距離を縮めることやったりとか、仲良くなることの方が100%大事。

 

それを目指してやっていけばナンパでの成功はもちろん、人間関係とか人生を謳歌することにもつながっていくでしょうし。

 

だから、人生全般で人とそういう関係を目指したいし、そういう関係にするためには、

 

相手から距離を縮めてもらうのを待ってばかりの受け身じゃななくて、自ら率先して、

 

「距離を縮めていくためにはどうしたらいいか?」

 

を考えて、多少嫌われる覚悟で人と接していくべきなんじゃないかなと思います。

 

だからそういうことを男同士バージョンでお送りできたらと思い、今回の対談に至ったわけです。

 

余談ですが、こうやって「親友」を世界中に増やしていけたらめっちゃ最高やん、と思いますね。

 

対談音声はこちら。

 

 

てことで、今回は以上となります。

 

なんとなくでもニュアンス伝わりましたかね?

 

少しでも伝わったら嬉しいし、なんか感想とかあれば、

お問い合わせフォーム

まで連絡もらえたら嬉しいです。

 

では今日はこの辺で!

 

ありがとうございました!

 

それでは\(^o^)/

 

 


 著者プロフィール

  ガーデン

岐阜県出身の30代。

好みの女性に100%振られる人生を20代後半まで過ごし「このまま死んでいく人生はさすがにアカンやろ!」と思っていた矢先、ナンパブログに出会う。衝撃を受け、一念発起しストリートナンパデビュー。女性から冷たい反応を受け続けるも、徐々に結果も出始めどっぷりナンパにハマる。極める覚悟で会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベル(好みの女性10〜20人に声をかけて1人クロージングできるレベル)へ成長。でもそんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、そうではなくもっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生とか世界のために活かしていこう」と決心。

そんな高い視点を持って、人生を謳歌するためにも周りや世界に良い影響を与えるためにも、まずは目の前のナンパをマスターすることが先決だという結論に至り、現在はナンパでのクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

「ナンパをマスターしたい」「コミュニケーション能力を高めたい」「男としての絶対的な自信を手に入れたい」そんな方へ向けて、セミナーやコンサルもしています。これまでの指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。



 無料ナンパメールコミュニティやってます


ナンパ力とは、困難を突破する力つまり難破(ナンパ)力である。という理念の基、

道端で美女に声をかけ10分でカフェに連れ出して、
1時間でホテルインするためのナンパ思考と戦略の全体像

無料ナンパメールコミュニティで、まずは7日間で理解してもらいます。

ヤレればそれでいいっていう世間一般のナンパイメージとは違い、

コミュ力を高める、絶対的な自信をもつ、主体性を身につける、困難を突破する力

をつける等の高い視点を持った上で、ナンパという手段で女性問題を解決していくことで、人生や世界に良い影響を与えていくことを目的としています。

自身がこれまで3年間で1万人の女性に声をかけ、200人以上の方々を指導してきて思うのが、ナンパ上達の鍵は「正しい方法を知っているか」「行動できるか」「継続できるか」の3つ。

このコミュニティで、まずは7日間に渡って、
ナンパにおける正しいマインドセットや声かけ方法、カフェ中やホテルまでの会話術はもちろん、女性からのマイナスなリアクション等どんな難局に遭遇しても楽しんで行動、継続、難破してもらえるような内容を配信していきます。

7日後のあなたはきっとナンパがしたくてたまらなくなっていることでしょうw

ちなみに7日後以降も、楽しんでもらえるようなナンパ情報やナンパイベント情報は定期的に配信していく予定なので今後とも宜しくです。

ではではご参加、お待ちしています。






※今参加いただくと、私ガーデンのナンパ音声(声をかけて笑わせるまで)を6本プレゼント中。
ストリートナンパの全体像については、7日間メール講座でゼロから丁寧に解説してます。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

ガーデン

岐阜県出身の30代。
好みの女性に100%振られる人生に終止符を打つべく一念発起しストリートナンパデビュー。その半年後、ナンパを極めるために会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベルへ成長。そんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、もっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生や世界のために活かしていこう」と決心。 そんな高い視点を持った上で、現在はクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

ナンパをマスターしたい、コミュ力を高めたい、男としての絶対的な自信を手に入れたい、そんな方々へ向けて、セミナーやコンサルもしています。指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。

アーカイブ

RETURN TOP