ナンパで人生の難破力を鍛えるナンパブログ『極、難破道。』

ナンパで女性問題を解決していく中で、困難を突破する力や人生を切り開く力を鍛える。

周りに依存せず、人のせいにしない。自分を信じて、正直に生きる。

ナンパにおける最強のセルフイメージとは!?親父の新婚旅行から考察w

この記事は5分で読めます

こんにちは!

 

明日実家で法事があるんで、

今日は地元である岐阜県にちょっくら帰省してきます。

(どうでもいいですね、ええはいw)

 

ってなってくると今日の記事テーマは流れ的に、

 

親とナンパについて

 

になると思うので、

今日はそんな感じの内容でいきますね!

 

では早速!

 

唐突ですが、

「自分の親のこと尊敬できますか?」

と、いきなり何を聞くねん丸出しの質問ですが、

もし仮にそう聞かれたら、俺は即答で、

 

「もちろん!」

 

と答える側の人間です。

 

というか尊敬部門で1位ですからね。

ダントツで。なかでも親父が。

しかも泣けてくるほどにw

 

なぜか。それはやっぱ、

 

世界一男らしいし、

世界一人情味あふれる人やし、

世界一自分の仕事に誇りを持っとる人やから。

 

まだまだ理由はあるけどザッとそんな感じ。

俺が小さい頃からその思いは変わらんすね。

 

最強の男やし、

最強にエネルギッシュな人です。

茶目っ気も満載で。

 

そんな俺の親父にまつまる、

語りたいエピソードは山ほどあるんですけど、

今日はその1つをお伝えしますね。

 

てか親父と一緒におって、

その目の前で実際に俺が体験した以外のエピソードは、

すべて母親から聞いたものなんですね。

 

物心ついたかついてないかくらいから、

 

「あんたのお父さんはこんな人やったんやよ」

 

っていう類の話をとにかくむちゃくちゃ聞いてきましたから。

 

幼い頃の寝る前って、

だいたい母親に絵本かなんかを読んでもらって寝る、

みたいな人が多いとは思うんですけど、

俺の場合は、

 

親父の人情味あふれるエピソードを聞いて寝る

 

でしたからねw

 

ある種、人情の英才教育ですw

 

俺には兄と姉がいるんですけど、

母親いわく、

その2人にも同じようにそんな話をする機会があったみたいなんですけど、

やたらその話を深掘りしてきたのは俺だけだったらしいですw

 

「え、それでそれで!」

 

ってな感じでw

かなり引き込まれてたご様子だったみたいですw

 

というわけで、

今日お送りするのはそんな母親から聞いたエピソード。

 

そのタイトルはズバリ、

「新婚旅行で親父やらかすw の巻」

遡ることそれは約40年前。

その日は、俺の親たちの新婚旅行初日。

お互いの年齢は20代前半。

確か、場所は長崎。

 

その頃は今みたいに海外での新婚旅行ではなく、国内が主流やったんですね。

 

とまあそれはどうでもいいんですけど、

新婚旅行って普通に考えたら、

アツアツのカップルが2人っきりで、

存分に羽を伸ばして楽しむイメージじゃないですか。

 

「おいしいもの食べて、いろんなとこ行って、いろんな景色見て・・」

 

みたいな。

でも俺の親父は違った。

 

新婚旅行の初日から、あることをずっと言い続けてたらしいんです。

その、あることとは。

 

「早く仕事がしたい!早く仕事がしたい!早く仕事がしたい!」

 

ですw

 

とにかくこれを、ことあるごとに言い続けてたらしいですw

言わない時でさえ、早く仕事がしたいオーラ全開っていうw

(ちなみに親父の仕事は自営業で、当時はほぼ立ち上げたばかりなニュアンスの時)

 

で、その時母親はどう思ったか。

 

「なんて人なのこの人は!?考えられない!!」

 

らしいですw

まあそりゃそうなりますよね。

 

新妻からしたら、これから新婚旅行を楽しもう!っていう時に、

自分のことは放ってきぼりで、

早く新婚旅行を終わらせたい!的なニュアンスMAXで、

 

「早く仕事がしたい!」

 

を連呼されたらw

 

で、どうなったか。

母親はどういう対応をとったか。それは、

 

「実家に帰る」

 

ですw

 

親父のあまりにも想像を越えた発言や行動に、

新婚旅行から帰ってきたと同時に、

母親は自分の実家に帰ったらしいんです。

 

俗に言う、嫁の必殺技、

 

「実家に帰らせてもらいます」

 

を発動したんですねw

 

その時初めて親父は「やばい!」と思ったんでしょう。

速攻、その母親がいる実家に謝りにいったらしいです。

 

でもそれでも当時の母親からしたら「許せない」という思いが強く、

なかなか親父のことを認められない状態。

 

そんな時です。

そんな時に、母親のお父さん(俺の亡き爺ちゃん)が母親に向けてこう言ったそうです。

 

そこまで自分の仕事に誇りを持っとる人なんておらへん。

そんな人なら、この先何があろうが大丈夫な人や。

 

らしいです。

 

でもそうですよね。

常に、本当に常に、それが新婚旅行中でさえ、どんな時でさえ、

 

「仕事がしたい!」

 

って思って、言葉に出してるくらいの人ですからね。

 

誰よりも自分の仕事が好きやし、

何よりも誇りを持っとるし、

情熱溢れまくりの、

 

そんな人って見たことなくないすか?

 

俺は親父以外見たことないです。

 

だから「そんな人なら安心や」っていう俺の爺ちゃんの言葉を受けて、

しぶしぶ母親は親父のもとに帰っていったそうですね。

 

その爺ちゃんの言葉通り、

 

それ以降の親父はバリバリ仕事をし、

どんな困難にも立ち向かい、どんな逆境にも屈せず、

さらには家も建て替え、良い車を買い、子供3人を大学にまで出し、

今も現役で情熱を燃やして仕事をしているわけです。

 

ちなみにこの行を書いている時に泣きかけましたw

 

まあもちろん、

 

「当時の母親の気持ちをもう少し考えてあげてもよかったよね」

 

っていう見解もありますし、

何事もバランスは大事やとは思いますが、

でもそれほど、周りの目すら気にならなくなるほど、

 

自分の仕事に対して誇りを持って、情熱を燃やして、

信念を持ってやることってむちゃくちゃ大事なことやおね!

 

っていうことが言いたかったのであります。

 

でもそれってナンパも同じですよね。

 

周りの目が気になる

何を話していいかわからない

後ろめたさがある

 

などなど、

ナンパに対してネガティブな思考や感情なんて挙げようと思ったらいくつでもあるし、

やらない理由もどれだけでも出てくるわけで。

 

でもそんな時に必要なのが、

 

自分を信じてあげることだったり、

自分を好きになること、

俺なら絶対できる!って思うこと、

 

なんじゃないかなと思うわけです。

 

決してナンパが世間からの風当たりは弱くはないのも分かります。

周りから理解され難いジャンルの競技だってことも理解できます。

 

でも自分で選んで、

 

「これや!」

「俺にはこれしかない!」

 

って思ったんなら、

 

その自分を信じてあげることって、

何よりも大事やと俺は思いますね。

 

別に、頑固になれ!と言ってるわけじゃないですからねw

 

そんな考え方とか強いマインドって、人生においても、

特に男として生きて行くために必要な要素じゃないですか。

 

だからこそ俺はナンパやと思うんです。

 

逆境からのスタートを余儀なくされる意味でも、

ナンパを極めるということは、それは結果、

最強のセルフイメージを手にいれることに通ずる、と。

 

これからも親父エピソードは、

俺が実家に帰るタイミングで更新していく予定ですのでお楽しみにw

 

では今日はこのへんで!

 

それでは!

 


 著者プロフィール

  ガーデン

岐阜県出身の30代。

好みの女性に100%振られる人生を20代後半まで過ごし「このまま死んでいく人生はさすがにアカンやろ!」と思っていた矢先、ナンパブログに出会う。衝撃を受け、一念発起しストリートナンパデビュー。女性から冷たい反応を受け続けるも、徐々に結果も出始めどっぷりナンパにハマる。極める覚悟で会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベル(好みの女性10〜20人に声をかけて1人クロージングできるレベル)へ成長。でもそんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、そうではなくもっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生とか世界のために活かしていこう」と決心。

そんな高い視点を持って、人生を謳歌するためにも周りや世界に良い影響を与えるためにも、まずは目の前のナンパをマスターすることが先決だという結論に至り、現在はナンパでのクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

「ナンパをマスターしたい」「コミュニケーション能力を高めたい」「男としての絶対的な自信を手に入れたい」そんな方へ向けて、セミナーやコンサルもしています。これまでの指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。



 無料ナンパメールコミュニティやってます


ナンパ力とは、困難を突破する力つまり難破(ナンパ)力である。という理念の基、

道端で美女に声をかけ10分でカフェに連れ出して、
1時間でホテルインするためのナンパ思考と戦略の全体像

無料ナンパメールコミュニティで、まずは7日間で理解してもらいます。

ヤレればそれでいいっていう世間一般のナンパイメージとは違い、

コミュ力を高める、絶対的な自信をもつ、主体性を身につける、困難を突破する力

をつける等の高い視点を持った上で、ナンパという手段で女性問題を解決していくことで、人生や世界に良い影響を与えていくことを目的としています。

自身がこれまで3年間で1万人の女性に声をかけ、200人以上の方々を指導してきて思うのが、ナンパ上達の鍵は「正しい方法を知っているか」「行動できるか」「継続できるか」の3つ。

このコミュニティで、まずは7日間に渡って、
ナンパにおける正しいマインドセットや声かけ方法、カフェ中やホテルまでの会話術はもちろん、女性からのマイナスなリアクション等どんな難局に遭遇しても楽しんで行動、継続、難破してもらえるような内容を配信していきます。

7日後のあなたはきっとナンパがしたくてたまらなくなっていることでしょうw

ちなみに7日後以降も、楽しんでもらえるようなナンパ情報やナンパイベント情報は定期的に配信していく予定なので今後とも宜しくです。

ではではご参加、お待ちしています。






※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者プロフィール

ガーデン

岐阜県出身の30代。
好みの女性に100%振られる人生に終止符を打つべく一念発起しストリートナンパデビュー。その半年後、ナンパを極めるために会社を辞めて上京。渋谷でナンパオンリーの生活へ。

最初は渋谷ギャルの洗礼を受けるも、コンスタントに好みの女性をクロージングできるレベルへ成長。そんな最中「ナンパしてゲットするだけ」に虚しさを感じ始め、もっと高い視点で考える必要性を感じ「ナンパで磨いた困難を突破する力(難破力)を人生や世界のために活かしていこう」と決心。 そんな高い視点を持った上で、現在はクロージング確率を100%にするべく奮闘中。

ナンパをマスターしたい、コミュ力を高めたい、男としての絶対的な自信を手に入れたい、そんな方々へ向けて、セミナーやコンサルもしています。指導実績は200人以上。強い男が増えることで日本が少しでも元気になればと、男としての人生を謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。

アーカイブ

RETURN TOP